寿貿易株式会社 株式会社メカニクス
ショッピングカートを見る
NOW >> TOPPAGE >> 札幌工場 作業日誌 >> 2018年
スペース トップページ スペース
取り扱い全機種一覧
研究開発に最適な機種
製造現場でも重宝する機種
ネットショップ
CNC
資料集
ご入金口座
TOPICS
一口メモ
札幌工場 作業日誌
会社概要
ユーザー様ご紹介
紹介記事
よろず相談コーナー
お問い合わせ
ISO9001認証取得
環境貢献活動
Facebook
特別価格適用中
特別キャンペーン
    対象機種(2018.08現在)
    M18A-EX 小型フライス盤
    L270V 精密高速旋盤
アウトレット商品

商品カタログ
旋盤
フライス盤・ラジアルボール盤
万能工作機械
小型帯鋸盤
ミニハンドプレス
折曲機・切断機

ネットショップ
 
旋盤
  ミニ卓上旋盤 FL200E Aタイプ
ミニ卓上旋盤 FL350E Aタイプ
ミニ卓上旋盤 FL350E(Super)
 Aタイプ
小型精密旋盤 FL410V Aタイプ
NEW
小型精密旋盤 FL400E-JK Aタイプ
小型精密旋盤 FL551E-JK Aタイプ
NEW
小型精密旋盤 FL551V-INV
   MSタイプ
 
フライス盤
  ミニ卓上フライス盤 FM80E
  (大型ベースタイプ)Aタイプ
  ミニ卓上フライス盤 FM110E
   Aタイプ
  FM120E(Light)小型フライス盤
 Aタイプ NEW
  FM120E(Super)小型フライス盤
   Aタイプ
フライス作業用切削工具
フライス作業用切削工具
アウトレット商品
アウトレット商品 NEW
ユニークなツール
小型帯鋸盤(14型バンドソー)
ミニハンドプレス
レンズ付ランプ
油圧式手動折曲機
手動切断機HS型
英国製 標準ブローチ(角穴・丸穴用)

カードOK

やくみつる
札幌工場 作業日誌

メカニクス札幌工場では、お客様からご注文いただいた機械やその付属品を厳重に検査・調整のうえ、お届けしています。このコーナーでは、日頃の作業で感じたこと、出荷前検査で発生した問題やエピソードなどを都度ご紹介したいと思います。

<特注対応> 2019.04.16

最近、お客様から、機械の仕様変更の相談を受けたり、特別なアクセサリーの製作を依頼されたりすることが多くなりました。依頼内容は多岐にわたりますが、中には機械の能力を大幅に超える要求や、物理的に不可能な改造依頼もあります。また、残念ながら当社では手に負えない高度な要求もあります。

よくあるのは、お客様から支給された特殊なチャックを旋盤に取り付けることですが、これらはバックプレートを作れば対応可能です。
チャックの代わりに、コレットホルダーの装着を依頼された時には、倉庫で眠っていた旧製品の部品類が大いに役に立ちました。以前に扱っていたアクセサリーの半製品で、これを追加工して仕上げ、無事に旋盤に取り付けることが出来ました。このケースでは、たまたま部品が残っていたから、対応することができましたが、数が限られているので、今後同じような依頼が来ても応じることが出来るとは限りません。だからといって、新たに同じ部品を作ろうにも、この部品のメーカーが廃業して久しいので、新規に作るのはほぼ不可能です。
主軸に手回し用のハンドルを取り付けたときは、過去に扱っていた輸入旋盤の事例が役立ちました。

これらは、すべて特注対応となります。今まで様々な相談に乗り、提案させて頂きましたが、技術的にも物理的にも可能であっても、値段の折り合いがつかずに、成約に至らなかった事例がたくさんあります。

私たちの工場では、諸事情により商品化できなかったサンプル部品や半製品でも、何かの役に立ちそうなものは捨てずに保管しています。これは職人の習性かもしれません。保管する、しないは、特にルールがあるわけではなく、経験と勘で決めます。このようにして保管している部品でも、一定の期間が経過した時点で再度見直し、結局廃棄する場合もあります。倉庫スペースが限られているのでやむを得ません。
でも、捨ててしまった部品が活用できる特注品の相談が、後になって舞い込み、「しまった」と悔しい思いをしたことも一度ならずあります。悩ましい問題ですね。

いずれにしましても、特注対応には、長い経験と様々な保管部品類が結構役に立っています。

特注対応 特注対応 特注対応

<新品より高い中古機> 2019.03.05

先日、中古品を専門に扱う業者さんを通じてメカニクス製のフライス盤を購入したという方から、修理に関する相談を受けました。値段が手ごろな上、「整備および動作確認済」という触れこみだったので購入を決めたそうです。ところが実際に使ってみると不具合が多く、オーバーホールしてくれないかというご依頼でした。

そのフライス盤は、機械番号から約15年前に札幌工場から出荷した古い機械であることがわかりました。不具合の内容を聞いてみると、錆びついて動かせない部分があるとのことでした。
これに対して、オーバーホールは不可能ではないが、費用が、その機械の購入価格を上回る可能性がある旨を丁寧に説明させて頂きました。その後、その方から連絡はありません。

この例に限らず、メカニクス製品の中古品を入手した方々からの、修理や部品供給についてのご相談が増加しています。

ネットオークションサイトでも、私たちが手掛けた旋盤やフライス盤が多数出品されているようです。ある時、25年以上前に出荷したとても古い機械が出品されているのを見つけました。なんとも懐かしく、昔の恋人に再会したような気分になりました。でも残念なことに、その機種の主要なスペアパーツは殆ど売却済となっているので、落札された方から部品供給の依頼が来ても応じられないかもしれないなどと、余計な心配をしてしまいました。

ちょっと気になるサイトもありました。中古品として掲載されているメカニクス製の機械の画像に、別な機械の型番が記載されていたのです。画像を見る限り、確かに過去に弊社が販売した機械に間違いないのですが、価格表に表示されている型番は、弊社でその当時扱っていた上位機種のものだったのです。単純なミスなのでしょうが、無用のトラブルに発展するのではないかと懸念しています。

興味深いのは、ネットオークションの落札価格が、その機械の当時の販売価格を上回っているケースがあることです。件の機械を販売していた時代とは大分状況が変わり、今の品揃えの中に、その機種に匹敵するものが存在しないせいかも知れませんが、面白い現象ですね。


<波乱含みのスタート-その後の状況> 2019.02.04

海外メーカーの製品に関する様々な問題に取り組んでいるうちに、1月が終わってしまった感じです。 問題はまだ完全には解決していませんが、この1か月でそれなりに変化がありました。その後の状況をお知らせします。

中国の環境規制の影響で入荷が遅れている部材については、全く進展がありませんでした。具体的な出荷スケジュールなど何も決まっていません。それなのに、春節(旧正月)とのことで、現地メーカーは3週間の長期休業に入ってしまいました。一体いつになったら、品物が出てくるのでしょうか?

フライス盤の仕様が勝手に変更された問題については、1月の終わりに漸く部品が工場に到着しました。こちらは、問題がなさそうなので、ほっとしているところです。

中国・台湾のアクセサリーの品質問題については、まだ解決には程遠いのですが、1月中旬以降、少しずつ品物が入ってくるようになりました。ただ、先方が品質を「改善」したと称するアクセサリーを実際に手にしてみると、一体どこが良くなったのかわからないようなものが沢山含まれていたので、がっかりしました。
お客様への納入時期が迫っている上、海外のメーカーにいちいち文句を言っても埒が明かないので、腹をくくって、これらを札幌工場で手直しをすることに決めました。
手直し作業は、比較的簡単に終わる場合もありますが、多くはかなり手間がかかっています。
作業をしながら、つくづく考えていたのですが、どうも海外メーカーの品質に対する観点が、私たちの観点とズレているように思えてなりません。
送られてきた品物の見栄えは確かにいいのですが、細かくみていくと、小さな不具合箇所がいろいろ目につくのです。この辺りは非常に難しい問題です。

最後はドイツ。航空便で代わりの部品が送られてきました。梱包もしっかりしていて、さすがドイツです。部品をチェックしたところ、不具合箇所は完全に直っていました。これで問題解決と思いきや、別な箇所に新たな問題が見つかりました。最初の不適合部品では全く問題がなかった部分です。
札幌工場で手直し出来ないか検討しましたが、特殊な治具がないと修正が極めて困難であることがわかりました。結局、ドイツメーカーとの交渉の末、修正用の治工具の提供を受け、なんとか問題が解決しました。ギリギリセーフといったところです。

というわけで、現時点での最大のネックは中国の環境規制による入荷遅れです。
春節の休みが明ける2月下旬まで、じっと待つしかありません。例年のことながら、私たちの繁忙期と春節が重なるのは辛いものがあります。
そういえば、札幌市内も中国からの観光客で大いに賑わっております。冬の北海道を存分に楽しんで下さいね。

その間、私たちは現地と連絡がとれず、悶々と過ごすことになります。


<波乱含みのスタート> 2019.01.11

新しい年を迎えました。今年もよろしくお願い申し上げます。

札幌も急に寒さが厳しくなり、新千歳空港では雪による欠航便が相次ぐなど、年明け早々、大混乱だったようです。

札幌工場も混乱状態です。理由は、12月に、海外メーカーの製品に関して様々な問題が相次いで発生し、今もそれらの対応に追われているからです。これから3月末まで繁忙期となるので、今後の成り行きについて若干不安を感じています。

実は、中国の環境規制の影響がまだ続いており、一部の製品や部材が未だに入荷していません。半年以上入荷が滞っていることになります。現地からは、昨年12月の初めの段階で、「1月中には何とか出せそうだ」という連絡を受けていたので安心していたのです。ところが暮れも押し詰まってから、「部品が完全に揃っていないので1月中に出すのは不可能」という内容の事務的なメールが送られてきて、梯子を外された気分です。トホホホ・・・。

一方、無事に入荷したフライス盤については、なんと一部の仕様が勝手に変更されていることがわかり、従来の同型機との互換性がとれないことが判明しました。
このため、正しい部品を先方に要求したところ、「年末に現地から出荷する」との回答。でも未だに現品が札幌工場に届いていません。先方に問い合わせても、担当者が体調不良で休みを取っているとのことで、状況がつかめません。イライラ・・・

環境規制とはあまり関係がないようですが、最近中国・台湾から入荷するアクセサリー類は、品質に問題が多いものが目立つようになりました。あまりにもひどいので、文句をいったところ、先方も慎重になり、いつまで経っても出荷してくれません。品質の改善に時間を要しているとのことです。まあ、良いもの出そうという相手の気持ちを酌んで、辛抱強く待つことにしましたが、ちゃんとした品質のものが届くかどうか気を揉んでいます。ハラハラ・・・。

次は、ドイツ。優等生であるはずのドイツ製機械の部品に深刻な不良が見つかったのです。既に受注している機械については、在庫しているスペアパーツに交換し、無事にお客様に納入しましたが、これからの分は、ドイツからの入荷待ち状態です。ドイツ側からの説明によれば、部品を作り直すとのことなので、まだ数週間はかかりそうです。ヤレヤレ・・・。

というわけで、今年の札幌工場は、波乱含みです。ドキドキ・・・。


space
<<2018年 2019年 2014年>>