2020年も残り3週間となりました。
今年は新型コロナに始まり、新型コロナで終わった1年でした。
多くの企業がそうであるように、私たちの工場も新型コロナにより様々な影響を受けました。
春の緊急事態宣言発出の後、いくつかの案件が中止や延期になりました。
海外の仕入先からの部材の入荷が大幅に遅れ、いくつかの部品は突然製造中止になり、お客様にもご迷惑をおかけしました。
コロナの影響で廃業したのか、連絡が取れなくなった取引先もあり、憂慮しています。
その一方で、札幌工場では時間的な余裕が出来たので、今まで忙しくて手が付けられなかった新製品の開発に取り組むことができました。
その結果、販売を開始したのが「ミーリングアタッチメントS」「穴開けチャック」「FM110E4つの新オプション」などです。
このほかにもいくつか新製品を投入する予定があります。
コロナがなければ、これらの製品は、未だに完成していなかったかもしれません。
でも時間的な余裕というのは、別な問題も引き起こします。
作業現場では、多忙だった頃のリズムが狂い、どうしても気が緩みがちになります。
このような時は、事故やミスが起こりやすいので、目下工場全体のネジをまき直している最中です。
新型コロナの感染拡大は依然収まる気配がみえず、来年も多難な年になりそうです。
この一年間、誠に有難うございました。
来年もよろしくお願い申し上げます。