試作・研究開発・小ロット生産用の小型工作機械のことなら、全て寿貿易・メカニクスにお任せください。
札幌工場作業日誌

2010年

ニッポン人、Very 神経質!-外観の手直し

「札幌工場で整備・点検・手直ししているというから買ったのに、期待はずれだった。なによりも外観の仕上げが雑だ。」-お客様より、このような声を時々耳にすることがあります。精度面や各部の動きは問題ないのに、外観上の問題でお叱り …

品質レベルが悪化し続ける輸入機械

中国、台湾、韓国などアジア諸国の工業製品の品質が向上し、しかも割安であるため様々な分野で日本製品の優位性が揺らいでいるという報道を時々目にするようになりました。特に今まで日本のお家芸と言われていた家電製品などで、その傾向 …

魔法のような不思議な話

同業者の中には「この機種は発売以来XX年間、トラブルやクレームが皆無です」「高精度で低価格」などと宣伝している会社があるようです。超精密加工が誰でも簡単に出来るような誤解を招く広告を打っているところも見受けられます。さら …

ステンレス、チタンを削ってみました

時々お客様より、「(弊社の旋盤・フライス盤を使って)ステンレスやチタンが削れますか」という質問を受けます。これらの素材は難削材と呼ばれ、プロの旋盤工やフライス工でも敬遠する人がいるようです。でも、このような素材でも一定の …

この世のものとは思えない・・・不適合製品発生率100%!

国際規格の品質マネジメントシステムISO9001では、「不適合製品の管理」という規定があります。不適合製品とは簡単にいえば不良品。お客様に絶対に引き渡してはならない製品のことです。ISO9001では、このような不良品を識 …

美しすぎる話-オークションサイトの巻

時々、お客様から、オークションサイトに出回っている旋盤、フライス盤と、弊社の機械を比べて、どこがどう違うのかといった問い合わせがきます。かなり格安で落札されるケースもあるようなので、弊社としても時々そのようなサイトを覗い …

曲がった(?)ベッドの謎

先日、FL400E旋盤の出荷前検査を急いでいた時のことです。精度検査でベッドの平行度を測っていたのですが、ある異変に気付きました。ダイヤルインジケータの針の動きをよく見ていると、許容範囲で推移していたのに、ある特定の部分 …

古いミニ旋盤の修理

1970年前後に輸入販売したオーストリー製のミニ旋盤を、40年以上に亘り大切にお使い頂いているユーザー様がおられます。いまでも、そのようなユーザー様から、愛用のミニ旋盤の修理のご相談がときどき舞い込んできます。なにしろ4 …

雪との闘い(その2)

雪が問題になるのは、なにも工場敷地内だけではありません。雪がたくさん降る日は交通がマヒし、工場を出荷した荷物が予定通りにお客様に届かなくなることがあります。夕方に札幌工場で運送会社に引き取られた本州方面向けの荷物は、その …

雪との闘い(その1)

年が明けると同時に、本格的な雪のシーズンが到来しました。この時期、北海道の雪を求めて、札幌には多くの観光客が訪れますが、ここで仕事をする身にとって、雪はやはり厄介な存在です。 地球温暖化の影響なのか、札幌の降雪量も以前に …

PAGETOP
Copyright © 寿貿易株式会社 All Rights Reserved.