札幌工場での検査・調整作業の様子を動画にして、HP上で公開中です。動画自体は、昨年あたりから、一部の機種について公開済ですが、機械の動きを紹介するだけの、あまり面白味のないものでした。

そこで今回は、私たちが札幌工場で実施している作業の内容を、お客様にもっとよく知って頂く目的で、機種別に作業の様子を撮影し、HP上で公開しようという話になりました。動画には、BGMも付けて、見て、聞いて、楽しいものにしたいとも思いました。

実際に撮影をスタートするにあたり、いろいろな会社が公開している動画を研究しました。予算が限られているため、なんでも自前でやらなければならない我が工場とは異なり、明らかにプロの手による素晴らしい動画がたくさんありました。でも、写っている設備や作業員が、如何にも“よそゆき”の雰囲気で、かえって不自然と思われるところも、多々見受けられました。

そこで私たちは、出来るだけ、ありのままの作業を動画にしようと決め、早速撮影をスタートさせました。えらそうに“ありのままで”と考えていたのに、ふたを開けてみると、散々な結果になりました。
作業者の動きが何となくぎこちない。なんだか不自然なカットがたくさん出てきてしまいました。どこの工場でも似たようなことがあるとは思いますが、札幌工場の作業担当者も、毎日黙々と仕事をし続けてきた人たちばかりです。スポットライトが当たるような経験は皆無です。カメラが回っていると、それを意識しすぎて、体が固くなって、普段の動きと違うのです。役者ではないので無理もありません。

結局、最初に撮影した動画は、残念ながらお蔵入りとなりました。

その後、何度か撮影の機会に恵まれて、工場の担当者たちもカメラを意識しなくなってきました。そして、やっと、これなら公開していいかなと思う動画が完成しました。

ところで、これには後日談があります。出来上がった動画に軽快なBGMをつけて、“出演者”である担当者に見せたところ、曲が悪いというクレームがついたのです。
「いつも苦労しながら作業をしているのに、それに使われている曲が軽すぎる」というのです。
結局、BGMをジャズ調の音楽に変更して、ようやく公開に漕ぎ着けました。
今、公開された動画を見直してみますと、あそこがまずい、あれはこうすべきだった・・等々反省すべき部分が沢山見つかっています。今回の経験を活かしながら、今後も撮影を続け、徐々に動画を増やしていきたいと思っているところです。