2008年も残すところ、あと数日。今年は世の中がひっくり返るほどの経済変動が世界を襲い、大変な年の瀬になってしまいました。弊社にもその影響はひしひしと押し寄せてきていますが、毎日、地道に仕事に取り組んでいます。
この1年間を振り返ると、様々な場面がよみがえります。お客様は弊社が出荷した製品やサービスの品質に満足して頂いているだろうか、お客様の問い合わせや要求に迅速に対応できただろうか、お客様への応対や受け答えに不手際や失礼はなかっただろうか・・・・思い出すと、あの時、こうすればよかった、ああすればよかった・・と反省することしきりです。海外から輸入した機械の手直しをしていて痛感するのは、手直しすることによって品質は格段に向上するものの、完璧に仕上げるのは至難の業だということです。その最大の理由は、海外製品の品質には依然様々な問題があるからです。特に、限られたコストの中で完璧さを求めるのは大変で、常に悩み苦しんでいます。弊社としては、当然100点満点を目指して努力しておりますが、自己評価は80点程度ではないかと思います。まだまだ努力が足りません。
厳しい経済情勢の下、来年もコツコツと努力を積み重ね、顧客満足度で90点以上取れるように全社一丸となって頑張りたいと思っています。


札幌工場もすっかり雪化粧