このたび、廃番になった古い機種専用の展示棚が完成しました。

10年以上前に販売を終了し廃番になった機械であっても、未だにスペアパーツの供給や技術的な問い合わせが日常的に持ち込まれます。それには、やはり現物がないと、きちんとした対応をすることは出来ません。このため札幌工場では、多くの廃番機種をサンプルとして保管しています。ひとつの型式でも、販売期間中に様々な改良が加えられ、スペックを変更することは決して珍しいことではありません。仕様が変更になった部分すべてを保管しておくことは、なかなか難しいのですが、そのような事情も考慮に入れ、アフターサービスに極力支障が起きないように、サンプル機の保管方法にもいろいろ工夫を凝らしております。機種によっては、様々な事情から、一部の部品が欠落しているケースもありますが、それでもないよりはマシです。きれいな状態で保管しています。

いままでは、廃番機種のサンプルは、工場内に点在していました。工場の奥に、木枠で厳重に梱包された状態で保管されていた機種もありました。このため、問い合わせがあっても、すぐに現機にあたって確認したり検証したりすることが難しく、回答に時間を要することが時々ありました。

このような不便を解消するために導入したのが、サンプル機専用の展示棚です。昨年末までに、工場内に保管スペースを設け、専用の重量棚を設置し、点在していたサンプル機を一堂に収容しました。

これにより、お客様からのお問い合わせに対して、より迅速に対応することが可能になると思っています。