12月に入って、札幌は記録的な大雪に2度も見舞われました。23日までに96cmの積雪を記録したそうで、こんなに降るのは実に50年ぶりとのことです。

お蔭で、交通機関は完全にマヒ状態。JRは動かないし、高速道路も閉鎖されて、空港や都市間連絡バスもストップ、そして、飛行機は殆ど欠航となり、新千歳空港では合計6,000人以上が足止めされて、空港内に泊まる事態になったのは、報道の通りです。

札幌市内の道路では、路上に積もった雪を除雪する際に、雪を道路脇にうず高く積み上げるため、片側2車線の道路も、1車線分は事実上雪置き場にされてしまいます。このため、市内の幹線道路は大渋滞です。除雪が行き届かない狭い通りなどは、歩くのもひと苦労です。

工場の出入り口に積もった雪の除雪作業や、屋根の雪下ろしなどの作業もバカになりません。
こんな時は、集荷のトラックも遅れがちになり、お客様への配送が遅れる可能性があります。
ただでさえ年末は荷物が多いのに、このドカ雪です。予定通り荷物がお届けできるかどうか、心配しています。
降り続く雪を恨めしそうに眺めつつ、今年も終わりに近づいてきました。

今年一年間有難うございました。


札幌工場も雪に埋もれそう・・・