新しい時代、「令和」が幕を開けました。
「令和」が、夢と希望に満ちた輝かしい時代になることを心から祈っております。

私たちも、なお一層の努力を重ね、微力ながら社会に役に立つ仕事をしていきたいと願っております。

この数か月間、悩みの種だった海外製品の諸問題は、概ね解決に向かっています。中国の環境規制による入荷遅れも、あと1か月程度で解消できそうな気配です。
一方、3月の年度末までの繁忙期を何とか乗り切ることができましたが、機種ごとの売れ行きにかなりバラつきがあり、一部の製品や部材に品切れが発生してしまいました。半年以上前から計画的に在庫数量を調整してきたにもかかわらず、このような事態になったことは、想定外でした。もちろん、海外の各製造元に追加発注手配をかけてはいますが、どのメーカーも“マイペース”で、納期の短縮に積極的に協力してくれるところがありません。

極力お客様にご迷惑をお掛けしないように、いろいろ対策を打っていく所存ですが、暫くは胃が痛くなるような日々が続きそうです。
令和元年の札幌工場は、再び波乱含みです。