FL551Vという小型旋盤の販売を開始しました。最新のエレクトロニクス制御の無段変速モータや、主軸回転数表示装置を標準装備した新鋭機種です。外観も曲線を帯びており、かなり洗練されたデザインになっております。この機種も海外からの輸入機ですが、他の機種と同様、私たちの工場で点検・整備し直した上で、お客様のお手元にお届けします。
出荷前検査では、通常の作業に加えて、この機種にだけ実施される特別な作業があります。それは、電装品(おもに電子基板)の交換を容易にするための対策です。実は、この機械を初めて整備した時に、基板類の交換作業が構造的に、極めて面倒であることに気付きました。海外製品に使用されている電子基板類の品質は、ひところに比べかなりよくなっていますが、やはり様々な要因により故障することがあります。そんな場合に備え、弊社では常に電装部品を在庫し、トラブルが発生しても迅速に基板などが供給できるよう態勢を整えているのですが、この機種の基板の交換方法は、複雑でわかりにくいのです。このため弊社では、基板の着脱を容易にするために特別な部品を考案し、機械に組み込んであります。正直いって、このような作業を実施したとしても、精度や性能に影響を与えることはありません。また、トラブルが起きない限り、なくても一向に差し支えのない部品です。そういう意味では「無駄」な工数をかけていると思われるかもしれません。でも、ひとたびトラブルが発生すれば、基板の交換が楽で、結果的に早く復旧させることが可能となります。
私たちの仕事では、単に目の前の問題を取り除くだけでなく、将来起こりうるトラブルに備えた様々な予防的な作業にも常に気を配っています。基板や電装品の交換を容易にするための工夫も、その一環として取り組んでいます。