今年に入ってから、他社から類似の旋盤・フライス盤を購入された方からの修理や消耗品・スペアパーツ供給に関するご相談が増えてきました。週に1-2件はそのような電話やメールが舞い込んできます。このような問い合わせは珍しいことではないのですが、最近の件数はちょっと異常です。はっきりした理由はわかりませんが、購入した業者さんと連絡がとれなくなった、業者さんがきちんとした対応をしてくれなかった・・など様々な事情があるようです。
お手持ちの機械が、弊社で扱っている機種と外観がそっくりであるため、これらのユーザー様は、全く同じ機械だと信じて弊社にコンタクトしてくるようです。でも、実をいうと、使われている消耗品やスペアパーツは必ずしも同じではないのです。弊社が海外メーカに特に指定して取り付けさせている部品もあれば、札幌工場での整備・調整過程で取り換えている部品もあります。また、最近の法規制に合わせて独自に仕様変更している部分もあります。したがって、仮に消耗品や部品をお出ししても、ものによっては仕様が違っていたり、そのままでは取り付けができなかったりするといった問題が発生しがちです。
他社機ユーザー様の中には、その部品が壊れたために機械が動かせず、大事な仕事が止まってしまい、藁をもすがる思いで連絡してこられた方もいらっしゃいます。でも、前述した事情もあり、お断りせざるを得ません。
それよりももっと重要なことは、弊社で在庫している部品類は、弊社の機械を選んで下さったお客様のために、リスクをとって長期保管しているものだということです。中には在庫数が1-2個しかない貴重な部品も含まれます。そのような部品を他社機ユーザー様に売却したために、弊社のユーザー様にご不便をおかけするようなことがあってはならないと考えます。
しかしながら、困り果てて連絡してきた他社機ユーザー様からの依頼をお断りするのは、やむを得ないこととはいえ、心中に葛藤がないといえば嘘になります。全く釈然としない問題です。