先日、10年位前に他社から卓上フライス盤を購入したという方から連絡を頂きました。スペア部品が必要になり、購入した会社に何度も何度も連絡を入れたのに完全に無視されたため、似た形の商品を扱っている弊社から流用可能な部品が購入できないか、というご相談でした。

件の会社については、弊社の類似機種に比べて価格が安かったので、大分お客様を取られた苦い思い出があります。ただ当時から、こんな売り方をしていて、アフターサービスは大丈夫なのだろうかと心配していましたが、やはり予想した通りの結果になったようです。部品の供給が出来ないから、お客様からのメールを無視したのでしょうが、このような同業者が周りに存在することに、釈然としない思いでいます。

古い機械のスペアパーツの供給は、私たちにとっても頭痛の種です。必要になりそうな部品を機種ごとにある程度在庫しておりますが、なかなか思惑通りにはいかないもので、早々と売り切れてしまう部品がある一方で、全く想定外のため最初から在庫していない部品を要求されることもあります。部品供給元(主に海外メーカー)に、前触れもなく部品の供給をストップされたこともありますし、最悪のケースとして会社自体がなくなってしまったこともありました。そのため、足りない部品を札幌工場で自製したり、他機種の部品を改造して使えるようにしたり、と様々な努力を続けています。
にもかかわらず、お客様のご希望に沿えない場合は、丁寧に事情を説明し、お詫びをしています。その時に、私たちで可能な範囲で、代案をご提示させて頂く場合もあります。数ある同業者の中から、弊社の機械をお選び頂き、長い間ご愛用頂いたお客様からの問い合わせを、全く無視するようなことは、私たちにはできません。

本来、他社機のユーザー様からのご相談にいちいちお答えする義務はないのですが、あまりにもお困りの様子だったので、念のため工場内の部品で使えそうなものがないか調査しました。しかしながらご期待に沿うことは出来ませんでした。
“完全無視”の同業者さんは、いまだに様々な機械類を販売されていて、ご商売も上々のようです。なんとも納得のいかない世の中ですね。