試作・研究開発・小ロット生産用の小型工作機械のことなら、全て寿貿易・メカニクスにお任せください。

Mecanix L150New 精密小型旋盤

このクラスでは世界最高レベル Mecanix L150New 精密小型旋盤

メカニクス メカニクスシリーズは、(株)メカニクス札幌工場における厳しい品質管理のもと、一つ一つ丁寧に仕上げられる高品質機です。工作機械作り80年の伝統の技が生み出す逸品です。
※写真は基本セットに回転センター、チップトレイ(オプション)を加えたものです。
ショールームで実物をご覧いただけます。
Mecanix L150New 精密小型旋盤
(ベルト変速タイプ)
  •  
  • 初心者に配慮した設計になっています。
  • ハーフナット内蔵により、操作性抜群です。
  • クロススライド、トップスライドは他に例を見ない鋼鉄製で、その高い剛性を誇っています。
  • 価格・詳細についてはお気軽にお問い合わせください。
■仕様

●本体

ベッド上振り 150mm
心間 360mm
主軸貫通孔 15.8mm
主軸テーパー MT2(軸端ショートテーパー)
JlS B6109およびDlN55021準拠
主軸回転数 6種 150~3000min-1
心押台スリーブテーパー MT1
心押台スリーブ繰出 30mm
モーター 単相100V 150W
所要床面積 約700×400mm(最大)
質量 28kg

●ねじ切り(オプション)

ミリ 0.2~4.0mm
インチ 4~120TPl
モジュール 0.2~1.5M
D.P. 18~64D.P.

※外観および仕様上の数値は、ロットにより多少異なる場合があります。一般的な作業では、これらが問題となることは殆どありませんが、特別の目的のために、特定の仕様が必ず満たされなければならない場合は、ご発注前に弊社へご確認下さい。

メカニクスシリーズはこれだけの手間をかけて製造しております。

どのメーカーのカタログを見ても、“高精度”という言葉が使われていますが、その機械が本当に高精度であるかどうかは、“キサゲ”かけ作業が実際に行 われているかどうかにかかっています。キサゲかけは、キサゲという道具を 用い、手作業で金属の表面をミクロン単位で削りとり、機械加工ではできないような細かい調整を行なうもので、工作機械の精度出し作業には欠かせない作業です。メカニクスシリーズは、試作・研究開発用の工作機械の中で、地道 にキサゲかけを行っている唯一の製品です。単に、カタログの仕様だけの比 較ではわからないメカニクスシリーズの高品質の秘密がここにあります。

お問い合わせ

注:印のある項目は必須記入項目になります。















商品カタログ

お客様専用ダイヤル TEL 0120-7246-01 受付時間 10:00-17:00
[土日祝日・年末年始・夏季休業中を除く]

PAGETOP
Copyright © 寿貿易株式会社 All Rights Reserved.